苦しく痛みを伴ううつ病から開放されたい貴方へ

治療の方法

カウンセリング

うつ病を完全に治療するためには、精神的な症状と身体的な症状の両方を治療する必要があります。どちらもバランスを見ながら治療しなければならないのです。
自分自身でコントロールして、バランスよく治療を行なうのは難しいです。そのため、病院で治療を受けるようにしましょう。

抑うつ症状が回復すると、同時に身体の症状が回復します。しかし、場合によっては精神状態が安定しているものの、体の痛みは残ったままといったこともあります。痛みを感じていることで、うつ病の完治は遅れてしまいます。

治療をするためには、医師としっかりとコミュニケーションを取り、自分が感じている症状を出来るだけ詳しく伝えることが大切です。
治療をするのは医師だけではありません。自分も治療に参加しなければ、いつまで経っても症状は改善されません。医師と患者が力を合わせ、少しずつ治療をすることとなります。

うつの治療というのは、主に薬物療法、認知行動療法、対人関係療法の3つです。
薬物療法というのは、精神を安定させる、リラックスさせる効果がある薬を服用する方法です。
認知行動療法は、自分の行動を書き起こし、どういった感情を持っているのか?その時、どのようにすればよかったのか?ということを考えます。こうすることで気持ちが楽になり、症状の改善に繋がるのです。
対人関係療法は、うつ病患者で集まってコミュニケーション能力を高めていきます。そうすることで、対人関係の築き方を身に付けることができ、対人関係でストレスを感じにくくします。

治療は、一つの方法だけで行なわれるのではなく、複数の方法が行なわれます。
一人一人の症状に合わせて治療が行なわれますので、医師としっかりコミュニケーションを取って、最適な方法で治療をしましょう。