苦しく痛みを伴ううつ病から開放されたい貴方へ

受診の前に

精神科医

うつ病で心が晴れない、体の痛みが取れないということになれば、病院で治療をする必要があります。
うつ病かもしれないと疑いがある場合には、精神科、神経精神科、精神神経科、心療内科といった精神疾患を主に治療している医療機関を受診することとなります。
精神的な症状だけであれば、精神という言葉がついているところで問題ありませんが、身体的な症状も現れているということであれば心療内科を受診しましょう。心療内科というのは、精神面と身体面の両面から診察や治療を行なっています。そのため、効果的な治療を受けることが出来ます。

診察を受ける場合、初めて利用する医療機関であれば健康保険証を提出し、問診票を記入します。
問診票には症状、既往歴、服用中の薬などを記入することとなります。できるだけ具体的に記入することが、治療期間を短くする・治療効果を高めることに繋がります。
診察を受けて、うつと診断された場合には、今後の治療方針の説明、処方される薬の飲み方や効果などの説明があります。
一度の診察で完治することはありませんので、今後定期的に通うこととなります。

患者のほとんどは定期的に通うこととなりますが、場合によっては入院をすることとなります。
入院をする場合とは、自殺の可能性がある、症状が重い、生活環境が適していないといったことが挙げられます。ただ、入院が必要な場合でも、必ず患者の同意が必要なので強制的ではありません。しかし、入院の必要性があり、本人が拒絶している場合には保健所に依頼して協力をしてもらうことも出来ます。

診察をしてもらうことが出来る医療機関は多数存在しています。
心身ともに健康になるためには、ライフスタイルや通いやすさから医療機関を選ぶようにしましょう。何度も通院する医療機関だからこそ、納得した上で決めましょう。