苦しく痛みを伴ううつ病から開放されたい貴方へ

やる気が出ない女性

どうして痛いか

うつ病は、精神的な症状が起こるだけではなく、身体的な症状も発症します。体の機能が低下し、痛みを感じることがあります。
「痛み」という感情は、脳から発信されています。脳内の大脳といった部分で「痛い」という感情を信号として送ることから痛みを感じるのです。大脳から発信された信号は、全身の末梢神経から伝わります。末梢神経から脊髄を通り、患部が痛いといった感覚を受け取るのです。

うつ病を発症すると必ず身体に痛みを生じるというわけではありませんが、患者の約6割が痛みを感じています。
痛みを感じる部位は患者によって違います。
頭部であれば、締め付けられるような痛み、常にズキズキとするといった頭痛が起きる。手足であれば、しびれや関節痛といった症状。胃であれば、食事をしようとすると痛む、夜になると痛む、長期的にズキズキと痛むといった症状。この他にも、朝起きると突然全身が痛いといった症状を感じることもあります。

少しの痛みであれば、我慢することは出来ますが、場合によっては日常生活に支障をきたします。
家事や仕事の能率が悪くなる場合には、早急に病院で診察を受け、治療をする必要があるでしょう。